通信制高校ネバギバ!

通信制高校と高認試験を比較する

通信制高校では、途中で高校を一度辞めてしまった生徒でも、高校卒業の資格を卒業と同時に得ることができます。同じような試験に、高認試験(過去の大検)というものがあります。どちらも同じ効力を持つ資格ですが、高認試験のメリット、通信制高校のメリットは変わってきます。


通信制高校は費用が高いが、卒業率も高い

通信制高校では多くの場合、生徒が自分で学習を進めていてつまずいてしまったときのために、質問教室や個別指導の場所を設けています。卒業率が非常に高い通信制高校も増加していますし、9割以上の生徒が卒業していることを考えると、試験やレポートなどでマメに学習範囲を振り返ることができる、分からない部分をいつでも先生に質問できるというメリットの分だけ、費用は高くなります。


高認試験は自分で進める代わりに費用が安い

高卒資格にかかる学費という面では、圧倒的に高認試験が安く済むかと思います。テキストなども図書館に置いてあるケースもありますし、参考書や辞書を購入したとしても、数十万円が一度にかかるということはあまり考えられません。ただし、分からない部分も自分で進めなくてはいけないこと、試験は合格点に満たない場合には何度も受け直しが必要となります。

通信制高校の学費…気にいった通信制高校に一括資料請求も可能な『スクールライフ』


Posted by smadmin on 5月 19th, 2014 :: Filed under 通信制高校

通信制高校の奨学金はどうなっているの?

国家資格等を目指すことのできる通信制高校が増加していることから、学校が独自に返済不要の奨学金制度などを設けるところも増加しているそうです。もちろん、通信制高校への通学でも自分の住んでいる市区町村の奨学金なども利用できますが、高校独自の奨学金はどんなものがあるでしょうか?


通信制高校で返済不要の奨学金の条件は?

これは、企業などが先に貸し付け、生徒を後から就職という形で受け入れる仕組みとなっています。実際に学習して、技術を習得した後に、奨学金の貸し付けを行っている企業へ就職することで、企業は神事育成費用として奨学金の返金を不要とするそうです。ただし、このような奨学金では、就職後3年間や5年間など、一定期間の辞職をしないことが条件となるものが多く、途中で退職した場合には返済の義務が生じます。


就学支援金などと併用できるものも

世帯年収が910万円以下であれば、高校無償化に向けた就学支援金の給付を受け取ることもできます。通信制高校では1単位分の値段を4812円とし、卒業で必要な最低単位数の74単位分の給付が行われていますから、給付対象の場合には学校で申請を行ってください。また、年収がさらに下回る場合には、給付金の増額が可能な場合もあります。市区町村に問い合わせてみましょう。


Posted by smadmin on 5月 19th, 2014 :: Filed under 通信制高校

通信制高校の制服がかわいいと話題に?

私立の高校では多くの学校が、制服を起用しているそうです。私学の制服をカタログのようにした本などもあり、女生徒にとっては、学校の制服がかわいいという理由も進学には大きく影響すると言われています。今まで私服通学がメインだった通信制高校でも、制服に着目する動きがあります。


通信制高校のファッション科の生徒とコラボ

通信制高校ではファッション科などを設けて、今、若い世代から人気のあるメゾンとコラボレーションした制服が新聞でも紹介されたそうです。決まった期間しか着ることのできないものという意識もあり、制服を着たいという生徒も今は、昔と違って増えてきていて制服を好んで着る生徒も増えています。また学校の指導コースにファッションなどの学習を行うカリキュラムを組んでいる科の場合、実際に自分の声が制服に採用されるというのも大きな経験となったそうです。


細かい部分にもロゴが

ある通信制高校ではセシルマクビーとのコラボレーションを行ったという記事が出ているのですが、ここでは生徒がスカートの見えない部分にもこだわりたいという意見から、プリーツの内側にロゴを入れる、などの工夫が凝らされているそうです。ロゴの刺繍の色なども生徒の希望を具体的に取り入れたことなどから、同メゾンを利用した制服を起用する通信制高校も増えているそうです。


Posted by smadmin on 5月 19th, 2014 :: Filed under 通信制高校

通信制高校のスクーリングにかかる費用

通信制高校には履修している単位にとって決まっている登校日(スクーリング)があり、生徒の自習状況を確認したり、レポートの出題範囲で難しい点や、ポイントとなる点を授業で説明したりしています。そのため、スクーリングは卒業や単位修得に必要不可欠な要素となりますが、このスクーリングでは別途で費用が必要となるものもあります。


通信制高校のスクーリングで参加費用が掛かるケース

通信制高校では体育のスクーリングを校外学習や、通信制高校に在籍する生徒が参加するスポーツ大会などで計算する場合があります。この場合はこの期間に、校外学習を2種類行います、等の告知が事前にありますから、自分が参加できる日程のものに自由に参加することもできます。もちろん、友達と同じイベントや学習に参加することも可能ですが、校外学習の場合は、その場所までの交通費や参加料などを事前に学校に支払う、その場で支払うというケースがあります。


遠足や集中スクーリングも費用は別

通信制高校では1単位ごとに値段が決まっていますが、校外学習などでかかる費用が別途計算となっているケースがほとんどです。これは、参加できるイベントが複数あり、どれに参加するかを生徒の自由としていることも理由となります。集中スクーリングなどで登校日を消化する場合には、集中スクーリングに参加するお金を事前に納める必要もありますから、別にかかる学費に関してはあらかじめ入学前に相談してみましょう。


Posted by smadmin on 5月 19th, 2014 :: Filed under 通信制高校

通信制高校で国家資格を目指す

通信制高校では全日制高校よりも自由に利用できる時間がたくさんあることから、空いた時間を資格取得に利用するという学習スタイルを提供するところも多くあります。美容コースや、介護福祉コースなど、高校卒業資格と同時に就職に役に立つ資格を得ることができるのです。


通信制高校と専門学校が連携して指導

今まで、高校に在籍中に資格の取得などを目指すことができる、専門分野の学習が可能なのは、一部の資格取得専門コースを備えた全日制高校と、高専と呼ばれる学校しかなかったそうです。通信制高校では専門学校にサポート校の機能を果たしてもらうことで、高校卒業に必要な最低限の学習と、資格に必要な専門知識やマナー、実技の講習を並行して学習できるようにしているそうです。


早く資格を取るからより深く学習できる

美容コースなどは特に資格があればどんどん自分で切り開いていくことの可能な分野です。介護でもできる限り早くに現場に立つことで経験を積むことができます。そのため、やりたいことや、自分の希望する道を深く学習することができるのです。多くの学校では、現役で活躍する専門学校の生徒を教えている先生が授業を行うので、そのときの新鮮な情報を知ることができるそうです。


Posted by smadmin on 5月 19th, 2014 :: Filed under 通信制高校