通信制高校ネバギバ!

通信制高校ってどんな風に通うの?

通信制高校には通常の学校とは大きく違うシステムがたくさんあります。
通学ペースや授業を受ける時間、受けられる授業の種類、卒業までにかかる年数などは特に違ってきます。
申し込みを行う前に、ある程度どこが違うのかを知っておいたほうがいいでしょう。
ここでは、基礎中の基礎の部分を紹介します。


通信制高校に通うペースはどのくらいが普通なの?

まず通学の頻度ですが、これは学校ごとによって違ってきます。
月に数回通うものや週に何回通うかを自分で決められるもの、合宿のように集中してスクーリングを行うものなど様々です。
しかし働きながら学校に通っている人も多いので、基本的には生徒の予定にあわせて授業を受けることができるようです。
ただし集中スクーリングを行っている学校は、それに参加しないと卒業単位をもらえないというところがほとんどですので、その際は必ず出席するようにしましょう。


卒業にかかる年数は人それぞれ

通常の高校は3年で卒業となりますが、通信制高校の場合は必ずしも3年というわけではありません。
こちらの学校は単位制になるので、十分な単位を取得できるまでは卒業できないのです。
そのため中には5年や10年という長い年月をかけてゆっくりと勉強する人もいます。
しかし一部の学校では上限が設けられていたりするので、自分が希望する学習ペースや人生プランにあった学校を選ぶようにしましょう。


Posted by smadmin on 6月 25th, 2015 :: Filed under 通信制高校
Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.