通信制高校ネバギバ!

通信制高校の奨学金はどうなっているの?

国家資格等を目指すことのできる通信制高校が増加していることから、学校が独自に返済不要の奨学金制度などを設けるところも増加しているそうです。もちろん、通信制高校への通学でも自分の住んでいる市区町村の奨学金なども利用できますが、高校独自の奨学金はどんなものがあるでしょうか?


通信制高校で返済不要の奨学金の条件は?

これは、企業などが先に貸し付け、生徒を後から就職という形で受け入れる仕組みとなっています。実際に学習して、技術を習得した後に、奨学金の貸し付けを行っている企業へ就職することで、企業は神事育成費用として奨学金の返金を不要とするそうです。ただし、このような奨学金では、就職後3年間や5年間など、一定期間の辞職をしないことが条件となるものが多く、途中で退職した場合には返済の義務が生じます。


就学支援金などと併用できるものも

世帯年収が910万円以下であれば、高校無償化に向けた就学支援金の給付を受け取ることもできます。通信制高校では1単位分の値段を4812円とし、卒業で必要な最低単位数の74単位分の給付が行われていますから、給付対象の場合には学校で申請を行ってください。また、年収がさらに下回る場合には、給付金の増額が可能な場合もあります。市区町村に問い合わせてみましょう。


Posted by smadmin on 5月 19th, 2014 :: Filed under 通信制高校
Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.